日向国一之宮 都農神社を参拝しました

最終更新: 2019年6月27日

都農南小学校と都農東小学校の二校の天語りを終えてから、


せっかくここまで来たのですから、


日向國一之宮 都農神社を参拝しました。



宮崎空港から約60㎞。宮崎空港駅から都農駅まで約1時間。

駅からタクシーで約5分くらいのアクセスにあります。


都農神社のご祭神はオオナムチノミコト=大国主命。


宮崎で唯一出雲系の神様を祭っている神社です。一の宮で格式高い由緒ある神社です。


すばらしい社屋の佇まいです。




創建されたのは御即位6年前の神武天皇が宮崎の宮を発し東遷の折、此の地に立ち寄り、国土平安、海上平穏、武運長久を祈念し御祭神を鎮祭された事と伝えられる。

旧記によれば、日向国の第一の大社であったが、天正年間の島津・大友の争乱の際、大友氏の兵火により社殿・宝物・古文書等全てを焼失したものの、御神体は尾鈴山麓に避難され難を逃れた。





争乱後は長年社殿の再興も無く小さな祠があるのみであった。元禄5年に秋月藩主 秋月種政が再興し、安政6年には篤志家の社殿の寄進があった。その後、社殿の老朽化に伴い平成14年に「御造営奉賛会」が設立され、平成19年7月7日に現在の社殿が竣成されたのである。


大己貴命 ( 大国主命 ) は多くの妃を娶り、その妃等との間に多くの御子をもうけました。その謂れから縁結びの神とも子孫繁栄(子授け)の神とも云われる様になりました。


また医療の法を定め多くの人々を助けた事により、医療(病気平癒)の神とも云われ また少彦名命と共に力を合わせて多くの人々と交わり、次々と国造りをされた事により、事業開拓(商売繁盛)の神と云われる様になりました。


出典:都農神社ホームページより



いつもの天語りのチーム、後藤さん、橋本さん、そしてサポートをして下さっている


テレビ宮崎のスタッフの皆さまです。都農神社にはマークエステル氏の絵画もご奉納されています。





日向国一之宮 都農神社に参拝できて、今回の天語りの公演もとてもいい旅になりました。


アクセスはこちらです。機会あればぜひ参拝したい記憶に残る神社と言えるでしょう。



38回の閲覧
市川森一古事記
天語り
ドラマティック古事記
公式ウェブサイト

ー日本人の精神性の高さは神話からー

  • mail
  • Facebook
市川森一古事記
製作プロジェクト

問い合わせはこちら

電話: 大木美佐  090-4982-3395

    市川美保子 090-3470-1770

Copyright © 2019 Ichikawa Shinichi Kojiki Project - All Rights Reserved.